YOUNGリボンわっしょい!!vol.2観戦記 第4わっしょい!

アイスリボン名物!?6人タッグイリミネーションマッチ

さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光

3カウント、ギブアップに加え、OTRで選手が退場するイリミネーションルール。
最後に人数が多く残ったチームの勝利となる。

まずはさくら、真琴、つくしが入場。
後からリングインしたりほ、藤本、志田は握手時に奇襲をかけて試合開始。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 01 YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 02

さくら組をまとめてコーナーへ振り、りほがジャンピングニー。
マッスルビーナスが合体ミサイルキックを狙うも、久々だったためか打点は低め。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 03

標的をさくらに絞った3人。
藤本&志田がヒップトスで投げに行くが、さくらは逆に投げ返して阻止。
だが、りほ組も直後に3人がかりのドロップキックで反撃。
さくらを捕らえてアピールする。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 04

さくらはクロスボディを返して逆襲し、りほと一騎打ちに。
エルボー連打で押したりほが顔面蹴り。
さらにボディスラムで軽々とさくらを投げて、藤本にチェンジ。

さくらとチョップ合戦を繰り広げ、打ち勝ってみせる藤本。
ヘアホイップで投げに行くが、ここはこらえたさくらがお返し。
ローリング吊り天井を決めて、つくしに繋ぐ。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 05

つくしは藤本と組み合いながら、なりふり構わぬ蹴り合い。
鋭い張り手を叩き込んで動きを止め、パロスペシャル。
真琴がタッチを受け、ロープの反動で藤本を倒してショルダータックル。
藤本はカサドーラで流れを切って、志田に繋ぐ。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 06

ストンピングを落とす志田に対し、真琴も蹴り返してショルダータックル。
志田も倒れずにニーを返すが、真琴はもう一度強烈なショルダーでダウンさせて、さくらにタッチ。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 07 YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 08

ロープ際、さくらが志田をエプロンに送り出して逆水平連打。
志田もエプロンへと引きずり出して凌ぎ合う。
力ずくで抱え上げる志田だったが、さくらはロープを掴んでリングに生還。
しかし、志田もロープ越しの顔面ニーで動きを止め、リングへ戻ってブレーンバスター。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 09

タッチを受けた藤本がロープへ飛ぶと、さくらはケブラドーラ・コンヒーロで逆転して真琴にチェンジ。
真琴はダブルアームスープレックスホールドを決めるが、カウント2。
ならばとW・W・ニーで追撃してスピアーを狙うも、これは藤本も読んでおりジャンプで回避。
コーナープランチャで切り返す。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 10 YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 11

6人入り乱れてのブレーンバスター合戦はりほ組が打ち勝つと、藤本&志田が真琴にPK+スリーカウントの合体攻撃。
ここはさくらのカットに救われた真琴だったが、藤本がドロップキックで追撃。
さらに志田とダブルミサイルキックを叩き込むと、真琴返せず3カウント。
最初の退場者となった。

×真琴(8分51秒 志田と藤本のダブルミサイルキック→エビ固め)藤本つかさ○

つくしがリングインして素早く藤本を丸め込むが、カウント2。
りほにチェンジするとおてんばダッシュで踏みつけて、弓矢固め。
だが、すぐに抜け出したりほはフットスタンプでやり返して、志田にチェンジ。

カナディアンバックブリーカーで担ぎ上げた志田。
勢いよくリング上を周回するが、つくしはスルリと脱出してスクールボーイ。
キックアウトした志田はどっしり体重を乗せて逆エビ固めに捕獲。
逆片エビ固めへと移行して痛めつけると苦しい表情のつくし。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 12

何とか自力でエスケープしたつくしに、りほ&藤本がダブル619。
志田が豪快なブレーンバスターを決めてカバーに入るが、ここは間一髪さくらがカット。
りほ組は標的をさくらに変えるが、りほのハイキックが志田に誤爆。
すると、つくしが電光石火のハルカゼで志田を丸め込んで3カウント。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 13 YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 14 YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 15 YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 16

○つくし(9分31秒 ハルカゼ→エビ固め)志田光×

藤本がさくらに強烈な串刺しドロップキック。
着地したところを、つくしが逆さ押さえ込みでフォール。
返されても腕を解かずにローリングしながら執拗にフォールへ行くが、いずれもカウント2。

今度はタイガースープレックスを狙うつくし。
藤本が踏ん張るとひっくり返してコーナーに向かい、スイング式アンプリティアー。
さらに、さくらのトラースキックによるアシストを受け、鮮やかなタイガースープレックスホールドが炸裂。
だが、ここはりほがカットに入る。

つくしが矢のような串刺しドロップキックを放てば、藤本も負けじとカウンターのドロップキック。
コーナートップに上がって追撃を狙うも、つくしにエルボーで撃墜されてエプロンへ着地。
そこへ、さくらが「さくらえみ、70kg!」。
つくしがミサイルキックでとどめを刺し、ICEx60王者をOTRで退場させた。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 17

○つくし(11分23秒 OTR)藤本つかさ×

1対2と有利な状況になったさくら組。
さくらがりほにダブルアームバックブリーカー、つくしが弓矢固めと攻め立てる。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 18

りほは二人を鉢合わせにさせ、ひっつき虫でまとめてフォール。
返されると素早くダブルのそうまとうをぶちこみ、返す刀でつくしに延髄ニーを決めてカバー。
さくらのカットに合うと、もう一度そうまとうを狙うが、これはつくしが回避。
コーナーポストに衝突したりほを、さくらが「さくらえみ、70kg!」で串刺しに。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 19

コーナー前にりほをセットしたさくらは、ムーンサルトプレスを繰り出すが自爆。
りほがそうまとうを放つと、さくらの顎にクリーンヒット。
続いてつくしをノーザンライトで抱え上げるも、つくしはフロントネックロックに切り返す。
やや動きの止まりかけたりほだったが、それでも強引に投げきって3カウント。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 20 YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 21 YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 22

×つくし(13分21秒 ノーザンライトスープレックスホールド)りほ○

ダウンしたままのさくらに、りほがダイビングフットスタンプ。
カバーに行くと、息を吹き返したさくらがラ・マヒストラル。
りほも押しつぶしてフォールするが、カウント2。

りほがロープへ飛ぶと、さくらはダブルチョップ。
ジャンピングエルボーで反撃したりほはコーナーへ上がり、ハリケーン・ラナ。
続いてくるくるリボンを決めるが、カウント2。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 23

トラースキックで逆転したさくらがコーナーへ上がると、りほも追いかけて揉み合いに。
エルボーをブロックしたさくらがエプロンに突き落とすが、りほも引きずり落とす。
ニーでダウンさせたりほ、そうまとうでとどめを刺しに行くも、さくらは回避して丸め込みへ。

りほはクリアしてリングへ戻り、さくらに顔面蹴り。
エプロンに座り込んださくらにそうまとうを叩き込んで場外に落とし、OTRを成立させた。
YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 24 YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 25 YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 26

×さくらえみ、真琴、つくしvsりほ○、藤本つかさ、志田光
(14分55秒 OTR)
※一人残りでりほ組勝利

試合後、ノーサイドでメンバーが握手をかわそうとしているにも関わらず、りほに襲いかかるさくら。
客席からのブーイングを浴びながら一人で花道に下がると、残る5人があらためて観客YOUNGリボンわっしょい!!vol.2 さくらえみ、真琴、つくしvsりほ、藤本つかさ、志田光 27の声援に応えた。

試合感想

今大会の個人的ベストバウト!
6人タッグイリミネーションについて、実況・解説陣からは「アイスリボン名物だっけ?」という声が上がっていたが、確かに6人タッグで好試合を連発していた時期が1年前くらいまであった。
その当時の盛り上がりを彷彿とさせながらも、現在進行形の6選手が見れた試合だった。

そんな中、特に印象に残ったのはつくしのいつまでも止まらぬ勢い。
藤本×つくしの手に汗握るスペクタクルな攻防は、いつ見ても飽きない。
途中でフォールを奪われはしたものの、志田と藤本を退場させた活躍はこの試合のMVPと言っていいと思う。

真琴は残念ながら最初の退場者となったものの、戦うたびに少しずつ新生・真琴としてヴェールを脱いでいくような感覚があって面白い。
自分の体格をうまく活かせるようになってきたのか、例えばW・W・ニーが描く軌道一つとっても受ける印象が以前とは違う。

久々に元気なりほが見れたのも良かった。
最近はつくしの活躍が目覚ましいので、どうしてもりほが影に隠れるような形になってしまう事が多い。
ただ、個人的に二人はタイプが違うレスラーなんじゃないかと考えてる。
だから、これからもりほにしか出来ないプロレスを胸を張って見せてもらいたいと思います。

<< YOUNGリボンわっしょい!!vol.2観戦記 エンディングトップページYOUNGリボンわっしょい!!vol.2観戦記 第1わっしょい >>
| コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.makoreco.com/mtsys/tb.cgi/2062

コメントする